先輩社員インタビュー

interview

menu

先輩・後輩・役職関係なく、「良いモノをつくろう!」という想いに向かい、喜び会える会社です!


宮下和樹(みやしたかずき)

入社年度:2015年
新卒採用

職種 製造技術
役職 サブリーダー
担当部署 第1グループ

棚長で働こうと決めたのは、なぜですか?

僕は、この棚長で働く「人」に惹かれて入社しました。

 

元々車いじりが好きだったのでモノづくりにも興味はありました。ただ、大学は経済学部で文系だったため少し不安もあったんです。エントリー前に工場見学をさせてもらい、その時、社員の方が明るく話しかけてくださり、とても安心したことを覚えています。

 

「ここなら、分からないことも聞きやすそうだし、楽しく働ける」と思いました。

何より、ここの方たちと一緒に働きたいと思えたことが大きかったです。

実際に働いてみてどうですか?

働き始めて3年経ち、入社前に感じた通りとても雰囲気の良い職場だと実感しています。

 

棚長ではチームで製造に取り組んでおり、僕はチームのメンバーが仕事をしやすいように作業を進めたり、進んで声をかけたりしています。

 

また、お互いに切磋琢磨できる先輩がいることもやりがいに繋がっています。

年齢が近いのでとても話しやすい先輩で、入社も1年早いので僕の知らないこともたくさん知っています。わからない事を質問すると答えてくれます。たまに先輩から質問されることがあり、僕が知っていれば教えたりもします。

もちろん負けたくないという思いもお互いあると思いますがそういった中で、切磋琢磨し助け合いながらやっていける今の環境はとても働きやすいなと思っています。

想い出に残っているエピソードはありますか?

 

新規製品の「新しい加工方法」を提案できたことと、その工程で役員の方との距離の近さを知れたことです。

 

見た目は単純な製品なのですが、何とか自分の担当している機械の中で作業工程を完結させることで、後加工を減らせないかと考えていました。試行錯誤を繰り返しながら、先輩たちにも意見を聞いたのですが、それでもできず、悩み続けていました。

最終的に専務に相談することで、良いアイディアが思い浮かび、それが実際に採用され工程短縮できる「新しい加工方法」を作ることに成功しました。このときは自分の意見が取り入れられ、実際に製品にできたことが本当に嬉しかったです。

 

私は入社前まで“会社の役員”とは、雲の上の存在で、なかなか話しかけることはできないのではないか、というイメ―ジがありました。しかし、棚長は違いました。

 

「良い製品をつくる想い」を皆が持っており、先輩でも、部長でも、専務ですら、これまでの経験で得たノウハウやアドバイスを惜しみなく丁寧に教えてくれます。

 

未熟でも、誰かに教えてもらいながらも、自ら努力することで、新しいものを作れたときに味わえた達成感は忘れられません。

入社を考える方へメッセージをお願いします。

どんな仕事でも、誰もが「初めて」を経験します。

もちろん不安な気持ちもあると思いますが、その時に大切なのは自分から進んで問題解決のために考え、行動する事です。行動する人にはこちらも全力でサポートします。

 

君のヒラメキが会社の「大きな成長」につながることもあります。

ぜひ僕らと一緒にチャレンジしませんか。

 

 

ページトップへ

メールでのお問い合わせ ボタン

ページの先頭へ戻る
Copyright© 2018 棚長株式会社. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.